ニュース

プログラム開発室室長が2つの学会で研究発表を行いました。

プログラム開発室室長の野村尚克が次の2つの学会にて研究発表を行いました。

内容はミライシップの実践から考察するインターンシップの今後の役割と、1・2年生からのインターンシップ体験によって学習意欲を向上させる試みについて。ミライシップがこれまで行ってきたプログラムが、実際にどのような学生が参加し、どのように感じているのかなどについて、会場の皆さまと議論しました。

ミライシップではインターンシップの実践だけではなく、このような研究活動も行っています。引き続き理想的なインターンシップの追求と大学生への新たな教育プログラムを開発して行きます。

<学会>日本インターンシップ学会 第19大会
<日時>2018年9月4日(火)10時40分〜11時10分
<題目>「企業での実践から考察するインターンシップの今後の役割-55大学の学生が参加した『Mirai Ship』のニーズ対応から―」
<会場>香蘭女子短期大学 1号館2階 D会場@福岡県

<学会>初年次教育学会 第11回大会
<日時>2018年9月5日(水)17時00分~17時20分
<題目>『1・2年生からのインターンシップ体験によって学習意欲を向上させる試み -大学1・2年生向けインターンシップ『Mirai Ship』の実践から-」
<会場>酪農学園大学 C1号館 201教室@北海道

関連記事

  1. 跡見学園女子大学の単位認定インターンシップ(前半)が終了しました…
  2. プログラム開発室について
  3. プログラム開発室室長が研究発表を行いました。
  4. ”休退転学相談室”春休み一般開放のお知らせ(※終了しました)
  5. 目白大学の単位認定インターンシップが終了しました。
  6. 代表が目白大学にて講義を行いました。
  7. プログラム開発室室長が研究発表を行いました。
  8. 2019年4月、ミライシップは新たなステージへ
PAGE TOP