参加者の声

上田 夢/大正大学 表現学部 4年

Q.ミライシップに参加した理由を教えて下さい

きっかけは親しい友人に紹介されたからです。その頃は社会に出るにあたって「何かをやり切った」といえるような経験がほしいと考えていた時期と重なって。それで参加を決めました。

Q.ミライシップで一番楽しかったことは何ですか?

講師の方たちがとても面白かった「経営」に関する講義です。また、講義では一緒に受けていたインターン生ともぐっと距離が縮まるので、毎回楽しみにしていました。

Q.逆に一番たいへんだったことは何ですか?

営業でなかなか件数が取れなかったときに、その原因を究明することが一番大変でした。在籍していたときは結局何が原因だったのかがあまりわからなくて。しかし、卒業した後になって、あれが原因だったのかなと気づくことができて。原因の究明には自分を客観的に見ることが必要だと思いました。

Q.ミライシップに参加して自分が変化や成長できた点があれば教えて下さい。

周囲の人からは「コミュニケーション力が上がったね」と言われることが多くなりました。

Q.学業との両立はたいへんだったと思いますがどうやって両立させましたか?

学業との両立が大変だとは思わなかったのですが、それはミライシップ在籍中にはアルバイトなどをしていなかったからです。でも、1人暮らしの私はそのことで金銭的な面はたいへんでした。事情を知った同期のインターン生から野菜をもらったこともありました(笑)

Q.あなたが通っている大学を選んだ理由を教えて下さい

メディア関係について専門的に学べる学科で学んでいますが、大学内のパソコンの設備が充実していて、HTMLやCSS等のホームページデザイン、Indesign等のWEBデザインに特化したアプリの使い方を学べたり、実践的な学びができる点に惹かれて入学しました。

Q.大学で学ぶのではなくてミライシップで学ぶメリットは何ですか?

大学内のコミュニティーだけではなく、他大学の学生と知り合えることです。多様な学生と話すようになると偏った考えや意見に捉われずに自分の意見を持てるようになります。それがメリットだと思います。

Q.ミライシップを卒業した後のいまはなにをしていますか?

卒業してから1年以上が経ちますが、その後はアルバイトを頑張っていました。そして現在は4年生になったので就職活動をしています。

Q.ミライシップを卒業した後の残りの大学生活でやりたいことはありますか?

海外の音楽を聴くことが好きなので、1度は海外に行って日本以外の音楽シーンを体感したいと思っています。大学生活は残り少ないですが、色々な文化や人と音楽を通じて触れ合いたいです。

Q.大学卒業後のあなたはどんな社会人になっていると思いますか?

エコでかつ人々の生活をさらに豊かにできるようなシステムを作ったり、それを支えるお仕事をしていると思います。また、仕事だけでなく、自分の時間も楽しめる社会人になっていると思います。

Q.ミライシップへの参加を検討している1-2年生へメッセージをお願いします

私はミライシップに参加したことで「何を学んだ」とか、「どのような経験ができた」ということよりも、ここで生まれたつながりが1年以上経った今でも続いていることが最も大きな財産になっています。何か新しいことを始めたい方や新しい出会いが欲しいと考えている方にとって、ミライシップは最高な環境だと思います。興味のある方は説明会に足を運んでみると良いと思います。

卒業したときにみんなと。ここで生まれたつながりは最も大きな財産になっています。

関連記事

  1. 木戸伊織/専修大学 法学部 2年
  2. 藤本まりん/立教大学 コミュニティ福祉学部 3年
  3. 大畑貴博/高千穂大学 経営学部 3年
  4. 末吉奈津子/東京学芸大学 教育学部 教育支援課程 3年
  5. 原澤那実/青山学院大学 経営学部 2年
  6. 坂川裕美佳/成城大学 経済学部 4年
  7. 炭元佑介/日本大学 経済学部 3年
  8. 荻野優/日本大学 文理学部 3年
PAGE TOP