参加者の声

井野志保/産業能率大学 経営学部 4年

Q.ミライシップに参加した理由を教えて下さい

一番の理由はミライシップの説明会でお話ししてくれた代表の方に憧れたからです。もともと何かに挑戦したいと思っていましたが、何がしたいかをなかなか見出すことができずにいました。そんな時に先輩の紹介から軽い気持ちで説明会に行き、ミライシップの熱いお話しを聞いたことで想いに魅かれて参加を決意しました。

Q.ミライシップで一番楽しかったことは何ですか?

ミライシップの関係者やインターン生たちとプライベートルームを借りて交流したことです。そこではみんなでご飯を作ったり、普段は話さないようなプライベートなことまで話し合いました。このことでとても仲良くなることができ、さらに信頼関係が深まって結束が強くなりました。

Q.逆に一番たいへんだったことは何ですか?

なんといっても営業です。もともと営業に苦手意識があったので安定して契約がとれるようになるまでは苦労しました。とれないときは社員の方に相談したり、成績の良い人の録音を聞いたり、繰り返しロールプレイングするなどしました。その結果、成果を生むコミュニケーションがわかるようになり、徐々に契約がとれるようになりました。

Q.学業との両立はたいへんだったと思いますがどうやって両立させましたか?

学業との両立は大変だとは感じませんでしたが、もともとやっていたアルバイトとの両立は少し工夫しました。日中はアルバイトで夜はインターン、もしくは日中はインターンで夜はアルバイトといったように2つのことを時間帯で分けるようにし、こうすることで気持ちを切り替えてスムーズな活動ができるようにしました。

Q.あなたが通っている大学を選んだ理由を教えて下さい

PBL授業が盛んであったり、実際に商品企画や販売を行えたり、実践的な経営学が学べるからです。産業能率大学に入学してからは知識の修得と活用を繰り返し、自身の成長を実感する毎日を送っています。また、友人や先生、先輩、後輩にも恵まれ、大学時代は「意味があって最高に楽しかった!」と胸を張って言うことができると思います。

Q.大学で学ぶのではなくてミライシップで学ぶメリットは何ですか?

大学に通うだけでは出会えなかったような人たちと出会え、一緒に学ぶことができることだと思います。ミライシップには様々な企業の方や多種多様な大学のインターン生と出会えるのでとても刺激的です。そして、ここでの出会いはミライシップを卒業してからも繋がっていて、ミライシップで築いた人間関係はとても大切なものになっています。

Q.ミライシップを卒業した後の残りの大学生活でやりたいことはありますか?

現在は大学4年生なので就活を頑張っています。私は「誰かのため」や「地域のため」といった人や社会に喜んでもらえる仕事がしたいと思っています。いまはたくさんの企業のお話しが聞けるので、夢をかなえる社会人を目指し、いま就活を楽しんでいます。そして、就活が終わったらたくさんの海外へ旅行に行きたいです。

Q.ミライシップへの参加を検討している1-2年生へメッセージをお願いします

私は好奇心と直感だけでミライシップに参加しましたが、いまでは参加して良かったと心から思っています。でも、ミライシップは素敵な環境を提供してくれるけれど、それを意味のあるものにするかは自分次第です。ただ受動的にこなしているだけでは大学やアルバイトと同じになってしまいます。何かを始めるきっかけはいたるところにありますが、それを選ぶのはあなた次第です。私のように何かをしたいと思っているけれど、何をしていいかわからない人にはミライシップはおすすめです。ぜひ充実した学生生活を送ってください。

様々な企業の方や多種多様な大学のインターン生と出会えてとても刺激的でした。

関連記事

  1. 木村光希/法政大学 経営学部 1年
  2. 末吉奈津子/東京学芸大学 教育学部 教育支援課程 3年
  3. 眞道祐介/専修大学 経営学部 4年
  4. 田島来風人/青山学院大学 経済学部 2年
  5. 川村未来/法政大学 経営学部 2年
  6. 星野真名佳/専修大学 商学部 4年
  7. 長谷川大祐/大正大学 人間学部 4年
  8. 熊田雄大/ 立教大学 社会学部 2年
PAGE TOP