参加者の声

小柴 毅/法政大学 経営学部 2年

Q.ミライシップに参加した理由を教えて下さい

自分は特に優れているところがなく、このまま就職活動をしてもどこにも就職できないと思っていました。そうした時に友人の紹介でミライシップの存在を知って、興味を持ったので参加しました。

Q.ミライシップで一番楽しかったことは何ですか?

「交流会」です。自分が知らなかった業界、知っていても実際にどんな事をしているのかを詳しく知らない業界の方たちがたくさん講義をしてくださいました。そこでは業界を知るだけではなく、プレゼンの空間づくりや話し方といった吸収すべきこともたくさんあって。毎回充実した時間でした。本当に交流会の前日は「明日はどんな人が来るのかな???」と毎回ワクワクしていました(笑) そしてミライシップを卒業した今でも個人的なお付き合いをさせて頂いている社会人の方もいて。ミライシップでの出会いは一生の財産になりました。

Q.逆に一番たいへんだったことは何ですか?

「ビジネスPBL」の講義です。普段からあまり頭を使うことが好きではなく、難しい内容だったためにとても大変でした(笑) しかし大変な時こそ、クラスの仲間とアイディアを出し合ったり他のクラスの人に相談したりして、切磋琢磨しながら最後まで終えることができました。最終的には満足のゆく結果には至りませんでしたが、自分の頭の固さを実感し、どういった視点で見ればいいのか、失敗から学ぶことができました。

Q.ミライシップに参加して自分が変化や成長できた点があれば教えて下さい

就職、そしてこの先の人生について、より深く考えるようになったことです。以前はとりあえず大企業に入れればいいなと思っているだけで、入るために今なにをすべきか、仮に入れたとしてその後に何をしたいのかを考えていませんでした。しかし、ミライシップに参加して、メンターの方から就職活動は、「何をするか」「誰とするか」「どこでするか」「何のためにするのか」の4つを考えることが重要だと教えて頂き、特に何のためにするのか、そして誰を幸せにしたいのかという軸で就職活動を考えられるようになりました。

Q.学業との両立はたいへんだったと思いますがどうやって両立させましたか?

正直大変でした(笑) 大学の授業で忙しかったのではなく、自分はフットサルサークルの代表を務めており、サークルの活動とかなり重なっていたからです。しかし、ミライシップに参加してちょうど3カ月ほど経った頃にメンターの方と面談する機会があって。そこで改めて自分の時間の使い方を見直し、周りの同期が成長している姿を見たことで残りの3か月間でどうなりたいのかを本気で考えました。それからは月曜日と火曜日はサークルの練習を入れずに(立場上は良いことではありませんが…笑)、固定シフトのバイトの日を変え、ミライシップに割ける時間をたくさん作りました。両立は本気で取り組みたいと思って行動に移すことで可能になることを学びました。

Q.あなたが通っている大学を選んだ理由を教えて下さい

法政大学しか受からなかったからです(笑)

Q.大学で学ぶのではなくてミライシップで学ぶメリットは何ですか?

まず、レベルが高くて大学では教えることのできない内容をミライシップでは教えてくれます。ただ大学で座って授業を聞くだけで社会に出て活躍できる人材になれると思いますか?仕事だけでなくてプライベート(ライフキャリア)を充実させる秘訣を学べますか?答えは「ノー」です。しかしミライシップではメンターの方々が学生のために惜しみなくサポートしてくれます。また社会人に対するイメージが良い意味で変わります。ミライシップに携わっている社会人(メンター)の方々を見ると「社会人って楽しそう!」と絶対に思います。

Q.ミライシップを卒業した後のいまはなにをしていますか?

大きく分けて3つあります。1つ目は人事交流会に来て下さったPR会社の方のもとで広報について学んでいます。2つ目はサークルで代表を務めているので、毎週の練習やイベントの成功に力を入れています。最後に田中さん(※ミライシップメンター)というプライベートでの師匠ができたので、田中さんを超えるために考え方を真似ることに力を入れています(笑)

Q.ミライシップを卒業した後の残りの大学生活でやり残したことはありますか?

社会人の方の名刺を100枚頂くことです。先日、名刺入れを買いにいったのでしっかり有効活用していきたいです(笑)

Q.大学卒業後のあなたはどんな社会人になっていると思いますか?

仕事もプライベートも充実していると思います。自分のスキルも格段に上がって経験もたくさん積んで仕事を楽しんでいたいです。占いだと28歳までに結婚しているみたいですがどうなんでしょう(笑) 大好きな仲間、家族に囲まれて日々過ごしていると思います。

Q.ミライシップへの参加を検討している1-2年生へメッセージをお願いします

大学1-2年生の時から「将来ここに就職したい」とか、「こんな大人になりたい」といった明確な目標がある人は少ないと思います。また目標はあるけれどもそのために計画を立てて実行している人はごく少数だと思います。そんな人にミライシップはお勧めしたいです。大げさと思うかもしれませんが人生が変わります。もちろん、その人がやるかやらないか次第ですが、この環境で出し惜しみなく全力でやれば必ずこの先の人生が変わると思います。せっかく興味を持ったのであればあとは行動するだけです。その最初の一歩を踏み出せるかどうかで今後大きく変わると思うので勇気を振り絞って行動してみてください。

毎回ワクワクしていた交流会。ミライシップでの出会いは一生の財産になった。

関連記事

  1. 星野真名佳/専修大学 商学部 4年
  2. 佐々木理名/日本大学 商学部 1年
  3. 井野志保/産業能率大学 経営学部 4年
  4. 佐藤大樹/産業能率大学 情報マネジメント学部 3年
  5. 原澤那実/青山学院大学 経営学部 2年
  6. 荻野優/日本大学 文理学部 3年
  7. 木戸伊織/専修大学 法学部 2年
  8. 佐藤榛哉/日本大学 商学部 中途退学
PAGE TOP