参加者の声

荻沢美法/中央大学 商学部 4年

Q.ミライシップに参加した理由を教えて下さい

大学2年の秋頃に何か新しい環境で挑戦したいと考えるようになりました。その時に所属していた学生団体の先輩からミライシップを紹介されて。興味を持ったので参加しました。

Q.ミライシップで一番楽しかったことは何ですか?

人事交流会です。色々な業界や会社のことを知ることができ、さらに自分が知らない職種や働き方をしている方とも交流できたからです。この体験を通じて自分の価値観や思考は拡張しました。このような場は大学にはなかなかないのでとても楽しかったです。

Q.逆に一番たいへんだったことは何ですか?

営業です。正直、最初は甘く捉えて挑んでいました。その結果、成果が出なくて大変でした。そこから、成果を出している先輩社員にコツを聞きに行ったり、自分の中で試行錯誤をしながら改善したことで成果が出せたときは嬉しかったです。いま振り返ると成果がなかなか出ない時期は大変でしたがとても良い経験になっています。

Q.ミライシップに参加して自分が変化や成長できた点があれば教えて下さい。

自分の将来を真剣に考えるようになりました。以前まではなんとなく周りに流されるままに生活してきたのですが、しっかりと目的を持って理想と現状の間にあるギャップを埋めるように考えながら行動できるようになりました。

Q.学業との両立はたいへんだったと思いますがどうやって両立させましたか?

大学が都心から離れているので通うのは大変でしたが、電車内や隙間時間を上手く使いながらマネジメントするようにしていました。

Q.あなたが通っている大学を選んだ理由を教えて下さい

もともと医療系の道に進もうと考えていたのですが、高校時代にもっと自分の価値観や可能性を広げたいと考えて思い切って文転しました。それと小さいころから数学が好きだったので会計を専攻にしました。あと家から近いというのも決め手でした(笑)

Q.大学で学ぶのではなくてミライシップで学ぶメリットは何ですか?

大学での学びは基本インプットが多いと思います。ただ、今の時代「知っていること」「分かっていること」はネットで調べればいくらでも得られるので無価値に等しいと思います(アウトプットするためにインプットは必要最低限ではありますが)。一方、ミライシップでは学んだことをしっかりアウトプットするところまでの環境が整っているので、そういったところが大きなメリットだと思います。

Q.ミライシップを卒業した後は何をしてきましたか?

ミライシップを卒業した後は、就活を通して働くことやキャリアの分野に興味を持ちました。そこで卒業後は人材系の企業に就職することを決めました。また就活終了から現在まではキャリア支援イベントを企画したりして、学生に働くことを考える場を作ってきました。

Q.あなたはどんな社会人になっていると思いますか?

来月から社会人になりますが、常に「いまが人生で一番楽しい!」と胸を張って言える社会人になりたいと思っています。

Q.ミライシップへの参加を検討している1-2年生へメッセージをお願いします

ミライシップに参加したからといって誰もが成長できるわけではないと思います。ただ、ミライシップに参加しているメンバーはみんな何かしら人生を良くしたいと思っている人たちです。とても刺激になりますし、価値観が大きく変化する環境だと思います。「いま何かを変えたい!」「いまより少しでも良くなりたい!」と思っているのなら、ぜひ思い切って参加してみることをおすすめします。

チームメンバーで一緒にご飯へ。みんなとの交流がとても刺激になった。

同期の向井くんと。大学は別だけど来月から同じ業界に就職。これからも刺激し合える仲間。

関連記事

  1. 小林由佳/産業能率大学 情報マネジメント学部 中途退学
  2. 藤本まりん/立教大学 コミュニティ福祉学部 3年
  3. 佐藤光司/法政大学 経営学部 3年
  4. 星野真名佳/専修大学 商学部 4年
  5. 東島那歩/学習院女子大学 国際文化交流学部 2年
  6. 大竹一輝/産業能率大学 情報マネジメント学部 2年
  7. 善本和地/専修大学 人間科学部 4年
  8. 佐々木理名/日本大学 商学部 1年
PAGE TOP