ニュース

2019年4月、ミライシップは新たなステージへ

2015年12月にスタートしたミライシップは、これまでにない全く新しいインターンシップとして活動してきました。それは、対象者を大学1-2年生に限定し、インターンシップを通じた社会人基礎力の育成や、将来の仕事をイメージする社長・人事交流会。様々な課題を解決する3-PBL課題解決プログラム、ワークキャリアとライフキャリアの2つを学ぶ次世代型キャリア教育といった独自のプログラムを提供してきたからです。

このような私たちの活動は徐々に口コミで広がるようになり、現在までに55大学の学生たちが自らの意思で参加しています。また、このようなつながりから大学関係者の視察も生まれ、そこで2018年度は学術面でのインターンシップの可能性についての研究にも取り組み、複数の学会等で発表してきました。

そして2019年度は、新たな試みとして大学インターンの受入れをスタートします。これは大学の単位認定などのインターンを受け入れることで、私たちが思い描く理想のインターンシップの追求と産学連携を行うものです。現在、進めているのは4つの大学との協働ですが、今後もニーズがあれば随時対応したいと考えています。

新たなステージへ進むミライシップのこれからにご期待ください。

関連記事

  1. 代表が目白大学にて講義を行いました。
  2. プログラム開発室室長が研究発表を行いました。
  3. プログラム開発室室長が2つの学会で研究発表を行いました。
  4. プログラム開発室室長が研究会代表に就任し、新連載がスタートします…
  5. ”休退転学相談室”春休み一般開放のお知らせ(※終了しました)
  6. 大学3年生のキャリア教育支援がスタート@玉川大学教育学部川崎ゼミ…
  7. プログラム開発室室長が研究発表を行いました。
  8. ”休退転学相談室”夏休み一般開放のお知らせ(※終了しました)
PAGE TOP