ニュース

令和2年、新しいインターンシップ支援サービスがスタート!

「Mirai Ship(ミライシップ) 」は2015年12月にスタートした大学1‐2年生向けの教育型インターンシッププログラムで、これまでに55 大学から学生が参加しています(2019年7月現在)。

Mirai Shipの特長は企業・社会・地域といった3分野のPBLやワーク+ライフキャリア教育、社会人交流会などを行うもので、社会人基礎力をベースとしたスキルを身につけるプログラムにあります。

私たちは大学生のキャリアデザインや教育の観点からは早期(1‐2年生)からのインターンシップが必要であるとの考えから、そのためのプログラムづくりや活動をしてました。その結果、いまでは初年次・低学年次インターンシップのパイオニアとして広く知られるようになりました。

また、平成31年からは研究活動や大学との連携活動を強化。インターンシップや初年次教育に関する学会での研究発表や、大学が行う単位認定インターンシップのプロデュースなども行っています。

いま、大学を取り巻く環境は大きく変化し、その重点活動として早期からのインターンシップが求められるようになりました。そして2018年度からは文部科学省による「大学等におけるインターンシップ表彰」がスタートし、さらに2018年問題で揺れる大学からはリアルな学習プログラムや初年次教育と融合させたインターンシップへの相談が増えるようになりました。

そこでMirai Shipでは令和2年1月から新たなサービス「MSSS(Mirai Ship Support Service)」をスタートさせます。

これは大学によるインターンシップのコーディネーションやプログラム作成と言ったインターンシップや初年次教育に関する活動をサポートするもの。大学1‐2年からのインターンシッププログラムやキャリア教育、初年次教育と融合させた学外連携活動など、大学の様々な課題に応えるものです。

このような活動にご興味をお持ちの大学関係者の方はぜひご相談ください。

※詳細:https://mirai-ship.jp/schools/

関連記事

  1. プログラム開発室室長が研究発表を行いました。
  2. 2017年6月1日、ミライシップがバージョンアップしました!
  3. 2019年4月、ミライシップは新たなステージへ
  4. プログラム開発室室長が研究発表を行いました。
  5. 代表が目白大学にて講義を行いました。
  6. 目白大学の単位認定インターンシップが終了しました。
  7. プログラム開発室室長が2つの学会で研究発表を行いました。
  8. ”休退転学相談室”夏休み一般開放のお知らせ(※終了しました)
PAGE TOP