コラム

自分を知るワーク②「わくわくリスト」(コラム:森髙佑香)

今日から7月ですね。大学1年生の方は入学して3ヶ月、学校生活に慣れてきた頃でしょうか。

前回は「現在の自分の好き」をきっかけに自分を知るワークをひとつご紹介しました。今回は「制限のない未来」から「自分の大切にしたい価値観や理想の状態を描く」ワークをご紹介します。


■ワーク:わくわくリスト 所用時間:30分■

私たちは大人になるにつれ、色々な情報に触れ、経験をすることで、理想を描くときに無意識に制限をかけてしまいます。しかし、それでは本当に自分にとってわくわくする「やりたいこと」や「叶えたい夢」、「自分にとって大切なこと」は出てきません。ここでは、できるかできないか判断する制限を外し、わくわくすることを自由な発想で書き出してみましょう。

※準備:フセン(50mm×15mm推奨) 1束と白紙1枚を用意しましょう。

(1)ワクワクする「やりたいこと」や「叶えたい夢」をひとつずつフセンに書き出してください。
書いたフセンは用意した白紙に貼っていってください。(制限時間 10分間)

▼ポイント
お金、時間、能力などの制限が何もなかったらどうしたい?どうなりたい?
と思いつくことからテンポよく書き出しましょう。同じものや似たようなものが複数出ても構いません。まずは頭の中に浮かんだ言葉を全て出すことが大事です。

▼ヒント
なかなか思い浮かばないという方は、以下の13の質問をヒントにしてみてください。
1.趣味はなんですか?それの何がいいですか?
2.外でどんなことをするのが楽しいですか?
3.誰といるのが楽しいですか?その人のどこが好きですか?
4.どんな場所にいるのが楽しいですか?それはどこですか?
5.好きなテレビ番組、映画、本、漫画、アニメは何ですか?それのどこが好きですか?
6.好きなスポーツは何ですか? 
7.どんな音楽が好きですか?
8.今まで楽しかったのはいつですか?そのとき何をしていましたか?
9.小さい頃、何をするのが好きでしたか?
10.夢中になっていることは何ですか?それの何がいいですか?
11.どんなときに幸せを感じますか?
12.好きだけど時間やお金がないからと諦めていることは何ですか?
13.一度でいいからやってみたいと思っていることは何ですか?

(2)書き出したフセンを次のようなカテゴリーごとにまとめてみましょう。
例)健康、恋愛、人間関係、お金、仕事、学び・自己成長、生活環境、趣味/娯楽 など(制限時間 10分間)

(3)フセンの中で自分にとって優先順位の高いものを3つ選び、それの何がいいのか、ヒントを参考に、自分が大切にしたい価値観を明確にしましょう。

▼Point
目を閉じて3つそれぞれの夢が叶った幸せな未来を具体的にイメージしてみましょう

▼ヒント
質問1 どのフセンの内容が1番わくわくしましたか?
質問2 誰と、どこにいて、どんな会話をしているでしょうか?
質問3 それの何がいい?自分にとって何が大事ですか?


                                      
ワークをやってみて、どうでしたか。
自分にとって大切なことは他の人と違うことを知ることによっても新しい気づきが得られると思います。ぜひ、仲のいい友達と一緒にこのワークをやって、共有したり、質問をし合ってみてくださいね。


森髙 佑香(YUKA MORITAKA)/キャリアコンサルタント
TOiRO株式会社
青山学院大学国際政治経済学部卒業/福岡県出身

Profile

関連記事

  1. 大学の授業とは違うオンラインインターンシップの設計が必要(コラム…
  2. インターンシップの新たな類型化(コラム:枝野友香)
  3. 学生へ伝える、働くとは?仕事とは?変化の激しい時代で必要とされる…
  4. 大学がコロナ禍で期待するインターンシップ(コラム:枝野友香)
  5. 学年別のインターンシッププログラムが必要である(コラム:野村尚克…
  6. 時代に沿った定義が求められている(コラム:野村尚克)
  7. 低学年次からのキャリア教育によって起る就活の早期化と求められる大…
  8. キャリア選択に役立つ大学1・2年生の過ごし方(コラム:森髙佑香)…
PAGE TOP