ニュース

プログラム開発室室長が研究発表を行いました。

プログラム開発室室長が研究発表を行いました。

内容はコロナウィルスの影響でインターンシップの実施が難しくなるなか、今夏に行ったオンラインインターンシップに参加した学生の評価と課題に関するもの。

ミライシップではリアルなものだけではなく、ニーズが高まるオンラインを活用したインターンシップや、両者の長所を組み合わせたハイブリッドなインターンシップなどを今後もサポートしていきます。

<学会>日本インターンシップ学会 第21回大会
<日時>2020年11月22日(日)
<発表>14:50-15:20:「オンラインインターンシップへの学生の評価と課題-MiraiShipインターンに参加した学生への調査から-」
 ミライシップ プログラム開発室 室長 野村 尚克
<会場>オンライン(開催校:桜美林大学@東京都新宿区)
<詳細>公式HP(https://jsi2020-obirin.jp/


また、同日に報告されました日本インターンシップ学会の研究助成「2019年度 高良記念研究助成報告『インターンシップコーディネーターの役割調査、研究』氷川幸子(四天王寺大学)」において、MiraiShipと目白大学の連携が「スクエア型+東京23区」の好事例として紹介されました。

今後も様々な大学のニーズに応えたインターンシップを行っていきます。

関連記事

  1. ”休退転学相談室”夏休み一般開放のお知らせ(※終了しました)
  2. インターンシップは3つのタイプに分類される/室長コラム
  3. プログラム開発室室長が環境省「ウィルラボ」のウィルマネージャーに…
  4. 野村尚克/プログラム開発室 室長
  5. Mirai Shipが変わります。
  6. プログラム開発室室長が研究発表を行いました。
  7. 2017年6月1日、ミライシップがバージョンアップしました!
  8. 学年別のインターンシッププログラムが必要である(コラム:野村尚克…
PAGE TOP