ニュース

プログラム開発室室長が環境省「ウィルラボ」のウィルマネージャーに就きました

プログラム開発室室長の野村尚克が環境省主催「ウィルラボ」のウィルマネージャーに就きました。

ウィルラボとは、環境・社会課題の解決を起点にしてビジネスを創出するSDGsアウトサイドインの考えに基づいた若手起業家を発掘するプロジェクト。委員会が選考した若手起業家「ウィルプレナー」に対し、現役企業経営者らメンター陣がビジネス戦略構築や組織運営などをアドバイスするものです。

ウィルマネージャーはウィルプレナーに対してアドバイスを行うウィルメンターやウィルサポーターらによって構成されたサポートチームの調整等も行うものです。

<名称>SDGsアウトサイドイン・ビジネスラボ「ウィルラボ」
<主催>環境省
<HP>https://willlab.jp

関連記事

  1. 目白大学の単位認定オンラインインターンシップがスタート
  2. 大学の授業とは違うオンラインインターンシップの設計が必要(コラム…
  3. 時代に沿った定義が求められている(コラム:野村尚克)
  4. 【重要】新型コロナウイルス感染症への対応について
  5. 目白大学のインターンシップ(キャリアセンター主催)を行いました
  6. MiraiShipが日本インターンシップ学会「第4回槇本記念賞」…
  7. 目白大学の単位認定インターンシップが終了しました。
  8. インターンシップも建前とならないようにする時である(コラム:野村…
PAGE TOP